熊本くにみの「春舞い」

炭鉱遺跡を幻想的に 織田廣喜美術館では、織田廣喜の絵画はもちろん、織田の愛妻や息子たちの描いた絵画、他の作家から寄贈された作品や資料が湿度や温度が一定に保たれた窓のない収蔵庫で厳重に保存されている。 外部からの影響を避け …

More

倉智憲夫の「樹間」

「樹間」1992年 油彩✕画布 美術館は、美術作品やそれに関わる資料・情報を集め、保存、研究、公開しながら、未来の世代に伝えていくという使命をもっている。故に地方の美術館では所蔵品同様に、その地の美術の歴史を調べ、現在の …

More

千田梅二の「女坑夫」

「女坑夫」1956年、木版、紙 生命の強さ、輝き表現 筑豊の美術館にとって、炭鉱の歴史とそこで育まれた文化は、あまりにも重要な意味を持つ。言わずもがな、筑豊の近現代の歴史は“ヤマ”とともにあった。明治20年代を境に開発が …

More